講習会と実釣講習会

8月25日大分県日田市の三隈川河畔に店を構える“つりぐの松尾”主催による講習会と実釣講習会、初心者講習会があったので参加してきました。
今回の講師はオーナー・ザイト鮎インストラクターの島啓悟さん。

当初7月14日(土曜日)に講習会と実釣講習会、初心者講習会を開催する予定だったのですが、九州北部豪雨の記録的な大雨で中止になり、今シーズンはもう無いのかと思っていたのですが、島さんの好意により急遽決まった講習会と実釣講習会でした。
ただ急遽決まったことと時期的なもので事前に聞いた話では初心者講習会の参加者が少ないと聞いていたのですが、蓋を開けてみたらたくさんの方が来ていて従来通り午前中は講習会、午後からは実釣講習会、初心者講習会となりました。

今回は時期的に尺鮎が狙える時期なので講演会の題は“瀬釣りのすすめ・大鮎釣りの極意”ということ講演会が始まりましたが、その中で前日大分入りした島さんが三隈川で釣りをされて早瀬の中から26cmの鮎を抜いたということでしたが、そのタックルは複合メタル0.06号に針はオーナー一角ハイパー8号4本イカリだったとのこと。


九州で鮎釣りをしている私から見たら今回の仕掛けは解禁から1ヶ月くらいしか使わないラインセレクトに驚いたのですが、大鮎が捕れる極意はズバリ「ハリを含めたタックルバランス」。
今回残念ながら午後からの実釣講習会では濁りと上流からの強風で時より竿を振られる最悪の河川コンディションと釣り人が多く人的プレッシャーもあって島さんのデモンストレーション中には鮎の顔を見ることは出来なかったのですが、時には首まで浸かって早瀬を横切り下流にいたかと思ったら上流に上がっていてその動きの速さと竿さばきはさすがに一言で今回講習会、実釣講習会に九州各地から参加された皆さんも大変勉強になったと喜んでいました。


尚、今回講習会、実釣講習会を開催した三隈川も九州北部豪雨の影響で例年に比べると濁っていて鮎も育ちが遅れているようですが、尺鮎の便りも聞かれるようになります。
鮎釣りシーズンも残り少なくなってきましたが、今回の講演会、実釣講習会で教えてもらったことを参考に尺鮎釣りを釣りたいと思います。



投稿者 柴田泰士さん





スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
釣り道具もちょっと奮発して揃えたし、 マキエの作り方も本に書いてある通りにやった...
  • おかねのなるき
  • 2012/09/09 6:51 PM

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM