スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


揖保川・荒瀬一本勝負!25cmUP連発!

9月17日(土)にホーム・フィールドの揖保川へ釣行してみました。


午前10時過ぎに山崎のオトリ店に到着し、大アユエリアとなる通称「大トロ」を目指しますがすでに釣り人で満員の様子なので下流域の「水管」に入川してみることにしました。

 

上流部には、6人の釣り人の姿、今日は、絶望的。1級ポイントはすでに陣取られいます。仕方なく下流のいきなりの早瀬となるポイントから1匹目のオトリに明暗の運をかけ釣りスタートとなります。「まあ、行ってみよう・・・・。」と、オトリを放つと、不安な気持ちが見事に吹っ飛ぶ1発ヒット。いきなり23cmサイズの天然オトリに変わります。

 

 

 

 

その後は、同サイズの5匹が退屈なくリズミカルに連発し、トロ場で3匹を追加し十分に楽しんだところでいよいよ本命の淵頭の岸盤荒瀬に挑戦です。右岸からサオを出し、ズーム・アップして流心脇のポイントからオトリを引き上げて、大アユに勝負を挑むことにしました。

 

グングン上るオトリの意のままに引き上げても、中々ヒットしません。時折サオ角度を30度・45度と変えてオバセ操作でオトリを止め、ようやく1匹目がヒット、「ズッギューン!」と、強烈な引きに豪腕ロッドがしなります。最高のロッド・カーブを眺めながらゆっくりと足元に引き寄せて、慎重に取り込んだ掛かりアユは、幅広の25cmサイズです。申し分無しのナイス・ボデイーです。

 

しかし、これに鼻カンを通すのは・・・・。と、思案し23cmサイズのストック・アユの第2号を機用することに・・・・。すると、その期待に応えてくれるように、またしても流心対岸筋で今度は、「ゴン・キューン!」とオトリ引き上げるアタリ。

 

「来た・来た・来た〜あ!」と、思わず根性注入の一声が出てしまいます。とにかくスリリング、ダイナミックです。最高に楽しい!です。

 

 

そして、取り込んだ時の安堵感がすぐに沸き立つ挑戦意欲につながる何とも言えない中毒症状で、ポジテブにゲームを進め2m刻みに下流筋にポイントの照準を絞り込んで釣り下って、攻略作戦大成功!11匹の良型となる25cmサイズを取り込み。7.5Lの引き舟の中のアユに気遣いながら3時過ぎに納竿とすることにしました。

 

 

当日使用した、先端ストレートの「忍」7.5・8.0号の3本イカリと超硬ハリスのコンビ・バランスは、掛かり易すく、キープ力も十分、早い勝負に対応できる釣果を叩き出してくれました。私にとっては、荒瀬のハリ・バランス・データーの大収穫。また、大満足の半日釣行となりました。

 

次回は、一雨後の尺泣きサイズの揖保川の大アユに欠かせない大アユバリの「荒瀬」10号のチラシバリで挑戦して見たいと思っています。

 


【 タックル・データー 】

サ オ  シマノ・剛流 9.0m(2WAYズーム)
仕掛け  完全仕掛 SR-47供(9腑瓮織 0.15
ハ リ   7.5 ・ 8.0号(3本イカリ)
鼻カン  プロフック鼻カン M (鼻カンのみ付け替え)
ハリス  ザイト・鮎超硬ハリス 1.2号


投稿者  森   雨  魚
 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM