今シーズン初の尺鮎???

●釣行日    :2016年9月11日
●ポイント(場所):鹿児島県霧島市・天降川
●氏名     :柴田泰士

 


9月になって連続してやって来た台風で大水が出てリセットされた九州の河川では尺鮎の便りも聞かれるようになりました。

 


9月11日、先日から釣友が25センチオーバーの良型の鮎を連発したという鹿児島県霧島市の天降川に釣友6人と釣行。

 

日本一安いんじゃないかと思う500円の年券とオトリ鮎3匹を買って中流域のポイントに入ったのは8時を回った頃で川に入ると予想以上に冷たく感じ新垢もまだ付いていないようでした。

 

 

とりあえず瀬肩のポイントから釣り始めますが反応なしなので上流のトロ場に行ってみますがここでも反応なし。

 

 

下流にいる釣友も追いもないと言うので胸まで浸かって真ん中の馬の瀬状になっている所まで移動して対岸の大石周りを探っていると小さな前アタリがあったものの動かない。

 

底石にでも根掛かりしたのかと竿を立てると、ギューンと強烈な引きが来たので大きいと思い、早瀬の流れに乗られたら100m程下ることになりかねないので、竿を上流に倒した状態で浅いところに自分が下がります。

 

幸い掛かり鮎は上流に泳いで行ったので時間をかけ慎重に寄せてきてラインを取ってタモに収めたのは今シーズン一番の尺(30.3センチ)はありそうな大鮎

 

 

 

さすがにオトリ鮎にはできず両手で持って引船に入れて新しいオトリ鮎にハナカンを通して同じポイントを流すと同じポイントでまたヒット。

 

今度も慎重にやり取りして20センチ後半の掛かり鮎を確認したところで掛かり鮎が水面で暴れてなんと身切れ

 

仕方がないけどその後当たりも無くなり、釣友達もボウズではないものの釣れないというので場所を仲間のいる妙見温泉街に変わって釣ると瀬肩のポイントで連続ヒット

 

日が差してきて水温が上がったようで当たりも強烈で流れに乗られないように強引に慎重に寄せて抜いたり、ラインを手繰って取り込みます。

 

 

下流にいる釣友達も瀬の中を走り回って20センチ後半の大鮎がタモに収まったり、ラインを切られたりしているようです。

 

25センチオーバーが6匹もいて型が良いので数釣るより疲れますが大満足

 

 

 

 

4時過ぎに体が冷えてきたので納竿とし源泉かけ流しの温泉に入って帰路につきました。

 

ちなみに最大サイズは最初に釣ったジャスト30センチで釣ってすぐなら今シーズン初の尺鮎だったかも???

 

残念だけど次また来いという事でしょうから次こそは何とか文句なしの尺鮎を手にしたいものです。

 

 

 

 

使用タックル
竿  ・シマノ・アドバンフォース急瀬95・NB
天井糸・天井道糸FC 1.2号
水中糸・ザイト・メルファ複合メタルMH0.2号(4m)
    ザイト・フロロ 上付け糸 1号 下付け糸 0.8号
中ハリス・ザイト・磯フロロ    2号
ハナカン・マーク鼻かん      8号
     (ザイトPE編み込み糸2 0.8号使用)
サカサバリ・白一体サカサ(速攻)  5号
ハリハリス・ザイト・磯フロロ   2号
掛けハリ・ 荒  瀬(チラシ) 10号
      (3本チラシ)

 

釣場は、鹿児島県霧島市・天降川
年券及オトリ鮎の販売は
田代ドライブイン(霧島市の国道504号線沿)
年券はなんと500円です。
 


| 1/1 |

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM