鮎釣り本番

●釣行日    :2016/7/18
●ポイント(場所):宮崎県美郷町南郷区・小丸川
●氏名     :柴田泰士

 

18日に九州地方も雨の多かった梅雨が明けていよいよ鮎釣り本番となりましたが、当日の午前中は仕事で鮎釣りに行けない自分の為に釣友のWさんがオトリ鮎を確保してくれると言うので午後から釣友が待つ小丸川に鮎釣りに行って来ました。

 

 

水はまだ多いようですが国道沿いのポイントにはたくさんの釣人がいてまるで解禁日のようでしたがWさんが釣っている国道沿いのポイントに2時前に入ることができオトリ鮎を頂いて上流へ釣り上がります。


午後からでも日が長いし暑いから6時半までは釣れるとして1時間10匹釣れば40匹は釣れるかなと言いたいところですが現実は厳しく朝イチから釣りをされている大手メーカーの九州地区予選会で優勝の経験があるWさんでさえ20匹程という事なので目標を10匹の大幅に下方修正。

 

 

川の真ん中の黒い石廻りにオトリを送るとひと流し目にあっさり20センチオーバーが釣れたけど次がなかなか来ずようやく上流の大石付近でドーンと当たりましたがオトリ鮎が見え抜こうとした瞬間ハリ外れ(>_<)

 

顔掛かりだったようで追いは今一つの様子。

 

でも次を狙い下流から上流に向かって吹く強い風を利用して大石周りに下上げで泳がせていくと、なんと3連発で釣れたので、さらに上流へと釣り上がりたいところですが、上流に釣人がいたので釣り下がっていると、ドーンと強烈な当たり!

下った方が良さそうな引きの強さだったけど、大きな石をまかないといけないので横着して強引に竿でため、水面に浮かして抜きの体勢に入ったところで生命反応が消え0.4号のツケ糸が途中から切れました。

 


チェックはしていたけど数匹釣ってキズがあったのでしょう?!

 

数少ない当たりに1匹1匹丁寧にいかないと・・・

 

 

 

仕掛けを新しくして黒い石の向こう側にオトリを泳がせると数は少ないもののすべて20センチオーバーで、中には24センチもいました。

22センチのオトリ鮎に24センチのメタボな鮎が掛かった時には、先ほどラインブレイクもあったので抜かずラインを手繰って取り込みました。

 

 

このペースで釣れればツ抜けはできると思ったのですが、4時過ぎから水量が激減し鮎は釣れず結局根掛かりロストもあったし雲がわき始め遠くから雷の音も聞こえ始めたので予定より早い5時過ぎに納竿としました。

 

 

今回キープは7匹。

 

釣友のWさんも昼からは15匹位という事だから上出来ですし、改めて鮎の成長の早さを実感した釣りになりました。

 

 

 

釣行河川・宮崎県美郷町南郷区・小丸川
年券・3,000円・日釣券・1,000円


今回の仕掛け
竿:シマノ・リミテッドプロMI90-95・HK
天井糸:天井道糸FC0.8号
水中糸:ザイト・メルファ複合メタルMH・0.06号
(4mにプロ目印を4個)
上ツケ糸 ザイト・フロロ鮎 0.5号(40cm)
下ツケ糸ザイト・フロロ鮎 0.4号(20cm)
鼻かん: ライトチューブ鼻カン 7号
*ザイト・PE編み込み糸? 0.4号使用
サカサバリ:白一体サカサ(速攻)半スレ2号
ハリハリス:ザイト・鮎トップハリス フロロ1.2号
掛バリ:一角 7.5号 タフ 8号  3本イカリ


| 1/1 |

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM