スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


7/30(木)釣行記  揖保川水系・引原川 「残りアカを探して!」

台風一過から3日後。新アカも付き始め出した7月30日(木)に兵庫県・揖保川水系・引原川へ釣行してみました。

お目当てのポイントへ到着したのは、午前9時過ぎ。川底の石色を見て、瀬尻の小ポイントから釣りスタートを切ることにしました。
しかし、このポイントは、昨日の釣り人に1番アユは釣られたらしく10分経過しても無反応。まさか・まさかの撃沈パターンのスタートに動揺は隠せません。

さらに上流れへと釣り上がりますが、白川状態の川を50mほど釣り上がっても一向に生命感がなく約1時間が経過します。ロスタイムの後悔と不安が襲い掛かります。
しかし、そんな思いも一気に吹き飛ぶような幸運な7連発のヒット。幸運はいつ何時訪れるか分かりません。掛かるアユは、18〜20cmサイズのスリムな若アユばかり。

支流エリアの引原川では、18〜20cmサイズが連発。

すっかり楽しめた後は、分流筋の瀬肩を攻めてみることに・・・・・・。
すると、ここでもラッキーな4匹ゲット。ようやくポイントも絞れて来ました。
時間を気にしながら、右岸の残りアカエリアを引き上げてさらに7匹を追加し、ひとまず納竿。

帰宅途中でちょっとみちくさしてみることに・・・・。サオを替えて本流で約1時間サオを出してみると、4匹の23〜25cmサイズが迫力あるファイトを見せ、花を添えてくれました。


本流サイズは、ひと回り大きい。

当日は、ややうす曇の天候だったが、お天気続きになる今後は、アユも益々活性化するはず、次回は、本流でハード・タックルで挑戦してみたいと思っている。またの釣行が楽しみである。


揖保川本流エリアでは、23〜25cmサイズ。

【 タックル・データー】
サ オ : アユ竿 8m(2ウェイ・ズーム)〔改良ソリッド穂先〕
遊動天上イト : 天上道糸 FC 0.8号
水中ライン : ザイト フロロ 0.4号
ハナカン : マーク鼻カン 6.0号
サカバリ : 自作逆さバリ
ハ リ : クサビX7.0号(3本イカリ)、7.0号(3本イカリ)

投稿者 森 雨 魚さん

ブランド若アユを求めて!

6月28日(日)に兵庫県・揖保川水系(引原川)へ釣行してきました。

当日は、梅雨前線が南下の影響で降水確率は午後から70%。午後までが勝負の釣りになりました。
オトリの大・小2匹を購入して、本日のターゲット・ポイントに選択した通称「ゴンボの瀬」に入川したのは午前9時過ぎ。

早速、石色のいい瀬肩を見つけて、シフト(3本イカリ)で小オトリを泳がせます。
すると数分後に1匹目がヒット。手堅くキープして対岸の瀬脇へループ投入させゆっくりと逆上げして2匹目が時間を置いて掛かります。


流心でヒットした若アユは、身の引き締まったたスリム・ボディー。


その後、やや流れのある底石の磨けたポイントを見つけ大オトリの登場です。そして、ハリは、忍(3本イカリ)得意の引き釣りスタイルでサオ角度を保ちながら引き上げると、目印は下流へ「ビューン!」。思ったところは、やはりサオ抜けポイント。連発ヒットを楽しめました。


揖保川ブランドの海産DNAを授かった鼻先の尖った若アユ。


しかし、正午前にポツリ・ポツリと、とうとう雨が降り出し、ゴロ・ゴロと空がご機嫌を損ねだしたので、後ろ髪を引かれる思いで納竿としました。
やっぱり、『 シフト&忍 』のペアバリ・コンビの釣りの組み立ては、ベスト・パートナーだと実感しました。

【タックル・データー】
サ オ 先掛(改造・旧モデル)9.0m・2ウェイズーム
遊動天上イト 天上道糸 FC 0.8号
水中ライン ザイト・メルファ 複合 0.08号
目 印 プロ目印 (4個)
ハナカン マーク鼻カン 6.0号
逆バリ 自作ハナカン
ハ リ シフト 7.0号、 7.0号 (3本イカリ)


投稿者 森 雨 魚

| 1/1 |

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM