スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


揖保川・早瀬1本勝負!

8月20日(土)に久し振りに兵庫県・揖保川支流の三方川に釣行してみました。山崎のオトリ店『蕾(つぼみ)』でオトリを
購入し、現地へ到着したのは、午前10時前。

 

早瀬に立ちこんでサオを出す釣り人

 

 

かなり釣り荒れたエリアですが、早瀬にいきなり立ちこんでまずは、左岸から攻略にかかります。すると、オトリを引き上
げて5分もたたない内に、ラッキーな1匹目がヒットします。

 

 

その後、連発するアタリを楽しみながら、8匹をキープ。どの掛かりアユも理想的な背掛かりです。サイズも22cm超とゲーム
続行の「GO!」サインの出るサイズばかりです。

 

荒瀬では、ちょいオモリをつけて引き上げると、「ゴッツ・ゴーン!」と、手応えが手元に伝わり、豪腕ロッドのティップが
「ギュイーン!」としなります。「さあ!来た!」とばかりブロックをかため、白泡に乗せ一気に引き抜いた掛かりアユは
ややメタボな24cm超のメスアユ。徐々に攻めのポジティブ思考に変わっていきます。最高!楽しいです。今日は、
ついてます。

 

「忍」7.5号がガッチリ・瀬掛り

 

 

午前中に22匹の釣果でひとまず昼食を取り、ラインを点検して午後からの余裕の釣りは、右岸の流心オンリーに照準を
絞って、引き釣りで丁寧に引き上げ・止め・少しシェイクを入れて誘発作戦を取ってみると、いきなりヒット。思ったポイントで
掛かるアユは、シナリオ通りです。スリルと迫力満点。すかり酔いしれながら目標の10匹を追加キープし、投網の親子さん
が登場したので納竿としました。

 

22cmサイズが続出

 

 

 

当日は、早瀬でオレ流の釣りスタイルで攻略でき、大満足のゲームを思いっきり楽しめました。「楔エックスSP&忍」は
瀬釣りの必須アイテムになりました。

 

 

【 タックル・データー 】

サ オ         シマノ・剛流 9.0(2WAYズーム)
完全+張替え仕掛セット 複合メタル SR-67 0.1  
ハ リ         楔エックスSP 7.5号 ・  7.5号 (いずれも3本イカリ)
ハリス         ザイト・鮎トップハリス 1.2号


投稿者   森  雨 魚


効率の良いゲーム展開

7月30日(火)兵庫県・揖保川支流・三方川に釣行して見ました。
天候不安定のこともあって局地的豪雨で本流筋はやや水高、しかし、上流部は・10cmの減水です。この時期よくあることです。
国道2号線沿いのオトリ店『蕾』でオトリを入手し,心強いアドバイザーの伊野社長のエールを背に、最上流のサオ釣り専用区・百千家満(おちやま)へと車を走らせました。

現地は、貸し切り状態のフィールドです。早速、小河川用バージョンの改造トリプル・フォース8mで流れのやや強い瀬からチョイオモリをつけて釣りをスタートしてみました。
すると、なんと即ヒット!のっけから勝負の速い釣りスタイルで3匹が連発。18m・20m・22mとサイズ・アップし、うれしいオールラウンド・サイズがそろい掛かりしました。

22cmのレギュラーサイズ

オトリは十分です。その後、サオ抜けポイントを探って釣果18匹でひとまず1Rを終了。サイズもまばらでしたが第3次放流の15cmサイズの若アユもナワバリをしっかりもっており、午前中釣りを飽きることなく楽しめました。
昼食後は、下流の段々瀬でかなり荒い釣りですが、ピンスポットでスパイラルをかけて5匹をキープし、その後、対岸の流心脇にターゲットを絞り、引き釣り1本で攻めると次々と良型がヒット!『』7.0号の3本イカリがガッチリ・キープしてくれ、バラシなしのパーフェクト・ヒットに酔いしれ、ちょっとした入れ掛かりを楽しめました。

ガッチリ・キープの『』3本イカリ

おかげで雨足の強くならないうちにプチ釣行を終えることができました。効率の良いゲーム展開ができた半日でした。
本流域では、25.5cmサイズも昨日釣れているようです。次回は、ハード・タックル&チラシ『』でチャレンジしてみたいです。

連発ヒットした瀬


投稿者   森 雨魚さん

人工海産「揖保川ブランドアユ」対決!

7月28日(土)に兵庫県・揖保川水系・三方川上流に香り高い『揖保川ブランド鮎』を狙って釣行してみました。
現地に着いたのは午前9時前。さすがにウイーク・エンドは上流部のサオ釣り専用区にはすでに釣り人でいっぱいです。仕方なく下流部の空きポイントを探して入川してみることにしました。

本流は、連日の夕立の影響で40cmの水高・やや濁ごりがあるにもかかわらず、このエリアは、比較的水量・水色共に安定しているフィールドです。しかし、多くの釣り人に攻められているため必然的にターゲットは、「サオ抜けポイント!」となり、あまり高釣果は望めません。
早速、本日の『釣果占い』とばかり、対岸の淵頭の小ポイントとなる段々瀬から釣りをスタートしてみました。すると、10秒も経たないうちにラッキーなファースト・フィッシュがヒット!「いきなりヤリー!」です。サオ先ギュンギュンと引き込み、段々瀬を一気に下ります。でも、今シーズンから信頼の相棒バリとなった貫通性とキープ力抜群のシフトの3本イカリは、ベスト・フッキングし、白波頭に乗せて楽々引き抜き、真っ黄色な20cmサイズのオスアユがタモに収まりました。のっけから「大当たりの大吉印!」です。



その後、小ポイントで3匹が連続ヒット。いよいよ「俺流・ゲーム」のスタートです。相性の良いオトリをチョイスしては、『ちょいスパイラル・テンション』のパターンで段々瀬を攻めると次々と目印が走ります。気分最高!川原の運動会です。
対岸の雑木の枝が垂れ下がる日陰ポイントのヘチでも予想的中。23cmのビッグ・ワンをゲットすることができました。益々『尖鋭シフト』の連釣ドラマにはまってしまいそうです。



■  フィールド・データー
天 候 / 晴れ
気 温 / 23.5℃ →  32.8℃
水 温 / 21.2℃ →  23.8℃
水 質 / 平水・濁ごり無し

■  タックル・データー
サ オ / トリプル・フォース 9.0m
遊動天上イト / 天上道糸FC(フロロ) 0.8号
水中イト /  ザイト・メルファ複合メタルMH 0.08号
中ハリス / ザイト・鮎トップハリス 1.2号
鼻カン / マーク鼻カン 7.0号
サカバリ / 一体フックサカサ速攻 2号
ハ リ / シフト(3本イカリ)7.5号


投稿者 /  森  雨魚





| 1/1 |

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM