★岐阜県 和良川 台風後のアユ釣り!!!

●釣行日    :2017年8月10日(木) 晴れ
●ポイント(場所):岐阜県郡上市 和良川
●投稿者    :鈴木

 

 

岐阜県郡上市和良町に流れる和良川へ アユ釣りに行ってきました。

 

台風5号の影響で和良川は大増水になり、3日後には少し水量高で申し分ない。

 

 

 


午前10時、現地に到着すると、この日は釣り人は少なかった。

 

河川状況は古垢がぶっ飛び 底石は真っ白い状態であった。それでも大石裏付近を静かに

 

泳がせれば 何とかなるだろう! ところが養殖オトリ泳がしても 野アユからの体当たりが無い。

 

午前中はサオが曲がらず・・・ めっちゃ悔し〜い!! 午後深場から野アユのハミ出し期待した。

 

我慢しながら泳がせると、目印が対岸に向かい瞬時に・・・ガガ ガ〜ン!!!  (^-^*)

 

 


よっしゃ背掛かりだぁ〜! ラインは下流に向かい瀬の中で大暴れしている。豪快に引き抜くと

 

良型サイズが舞い躍り、ネットに飛び込んで来たぁ。

 

チラシ仕掛けは 背掛かりばっかで楽し〜い。足元から野アユ放すと、上流へ泳ぎ秒殺で

 

目印が数メ-トルぶっ飛んだ。

 

 

おおっ これは重量感の引きが伝わり 、サオ立てるが手前に寄らない。

 

サオが大きく曲がる心地よい引き楽しむ。この至福タイムは嬉し〜い!!

 

これが、この日のビッグワン!

 

 

 

 

 

和良川のデカ鮎に満足しながら楽しんだ。(笑)

 

 

美味しいアユの和良川は★友釣り専用区があり<9月10日迄> デカ鮎狙いが楽しめます。

 

 

 

 

当日使用 『アユ仕掛』 詳細
天糸W回転 SR-16W フロロ 1.2号
張替仕掛け SR25 ナイロン0.175号
編み込み目印 スリム
遊動ダブル背バリ 3号
チタンチュ-ブ鼻かん 5.5号
◇ハリ  一角チラシ 7.5号&満開チラシ 7.5号

 

◆現地オトリ店 牧田(ぼくでん)屋 電話 0575・77・2553
 


猪名川水系・一庫大路次川 釣行記

近畿エリアを襲った台風5号の影響で、各河川状況がようやく回復する中、8月11日(祝)に比較的に影響の少なかった猪名川水系・一庫大路次川を訪れてみました。

 

午前8時のオープン・ゲート・タイムを回った10分過ぎに入川手続きを済ませ、広島から訪れたという釣り人さんと中流エリアで仲良くサオを出すことにしました。

 

 

 

私は、「川の案内所」下流の段々瀬の小ポイントからスタートを切りますが、ギラギラとコケを食む群れアユに触発され、

 

6.5号の3本イカリばりにヒットが続くものの15cmサイズの囮よりはるかに小さいダム湖産3番遡上群れちびアユ12cmが連発します。

 

気分転換とばかり2番オトリにチェンジし、対岸の岩盤瀬でようやく17cm弱の追星のクッキリと出たヤル気アユをヒットさせ、ほっと一息つくことになります。

 

 

 

 

「頑張って来いよ!」瀬肩の流心へとループ投入し、間もなく囮の左右に揺れ動く前アタリのあと「待ってました!」の即ヒット。

引き釣りスタイルで40cmずつジワジワと引き上げるようにポイントを探ると、思ったイメージで気持ちの良い鮮明なアタリが続出します。

 

 

引き舟の中が20匹超と賑やかになってきたところで、釣り人さんも2人・3人と増え始めます。中流エリアを譲って、昼食を済ませて午後からは、一気に下流へと足を運ぶことにしてみました。

 

 

 

作戦変更、久し振りに下流の岩盤エリアで「一角チラシばり」を使ってみと、するとこれが的中!とにかくハリに触れただけでどこでも掛かります。

 

痛恨の目掛かり・腹掛かりも時折ありますが、飽きることなく楽しめ短時間で23匹を追加することができ、私にとっては十分過ぎる釣果となりました。


結局、チビアユ7匹をリリースして、41匹の大満足釣果で納竿とすることになりました。当日は、久し振りに数釣りを十分に楽しめた1日でした。


台風後に完全リセットされた一庫大路次川は、これからが益々楽しみですね。

 

 


【 タックル・データー】
サ オ   剛流 9.0m (2WAYズーム)ソリッド穂先採用
完全+張り替え仕掛けセット 複合メタル  SR−67 0.1
ハ リ   一角チラシ 7.0号(3本)

 

 

投稿者   森   雨 魚
 


海産遡上1番アユ25cm超を狙って!

8月2日(水)にホームグランドの揖保川の龍野エリアへ海産遡上の良型アユを狙って釣行してみました。

 

気温28度・水温25度の朝イチのフィ−ルドには、釣り人が上流にポツリとひとり。そこで先日賑わっていた下流の龍野新大橋から入川してみることにしてみまた。

 

 

 

20分ほどかけてこの時期大切な「水合わせ」をして、囮をトロ場の対岸に送って間もなく目印を上流に引き込むアタリが出ます。

 

ラッキーなスタートににんまりしながら23cmサイズを慎重に取り込み、鼻カン周りの仕掛けをチェンジし、上手の瀬へと移動して3mほど引き上げると、爽快な目印が「ズギューン!」と突き刺さるアタリと同時に強烈なファイトがロッドに伝わります。

 

たまらないほどのアユの引きに耐えて25cm弱の海産アユをゲット。

 

 

 

 

その後、引き釣り泳がせの釣法で連発する鮮明なアタリと流れを下る掛かりアユのトルクフルなパワーを楽しみ、家族には十分な18匹引きをキープし、お昼前に納竿とすることにしました。

 

 

 

減水、水温上昇、緑藻とハードルの高かった揖保川でしたが、やはり口元の尖った海産遡上の1番アユは健在していました。今後が益々楽しみですがやはり、まとまった一雨が欲しいところ・・・・・ですね。

 

当日は、「忍」7.5号を使用し、「吉」と出た半日の釣りとなりました。

 

 

 

 

【 タックル・データー 】
サ  オ       剛流 9.0m(2WAYズーム)
完全+張り替え仕掛けセット複合メタル SR−67 0.1
ハ  リ   7.5号 (3本イカリ)
ハリス ザイト・鮎トップハリス 1.2号

 


投稿者    森   雨  魚
 


岐阜県和良川 真夏のアユ釣り!!!

●釣行日    :2017年7月28日(金) 晴れ
●ポイント(場所):●ポイント(場所):岐阜県郡上市 和良川?
●氏名     :鈴木

 

 

岐阜県郡上市和良町に流れる和良川へアユ釣りに単独で行った。

 

数日前のゲリラ豪雨で古垢はぶっ飛び、河川状況はやや水量高で申し分な〜い。

 

しかも、地元の釣友から前日に入れ掛かりしたと...嬉しいメールが入った。

 

 

 

午前7時、現地に到着すると 山梨県から初めて訪れた2人組アングラ-が、車から降りて話しかけてきた。

 

人気ポイント数か所を教えると・・・アユ釣り談義で盛り上がった。(笑)

 

 

 

 


サオ出し開始すると、瞬時に野アユの体当たりで ラインが下流に引っ張られ めっちゃ嬉し〜い!!!

 

良型アユが舞い躍りながら ネットに飛び込んできたぁ〜。 (^-^*)


なんせ水量高だから...引き応えは申し分な〜い。 (^0^)/

 

 

 

小型の野アユでも泳ぎは軽く流心で...右往左往すると・・・ガガ〜ン!!! (^-^*)

 

キタ〜!! 連発だぁ!!! おっ 入れ掛かりだぁ!!!で こんな時はハリ交換を怠ってはならな〜い。

 

当日ビッグサイズは 22cm (130g) 31匹釣果。この日、和良アユ釣行は大満足となった。

 

 

 


で 和良鮎の塩焼きは旨いすぅ! 家族も大喜びで やっぱ ★和良鮎は旨かったぁ〜。

 

こんな嬉しい声が・・・。

 

 

 

 

小河川の和良川は友釣り専用区があり、8月以降は大アユ狙い本番だから楽しみです。(笑)

 

 

 

当日使用 『アユ仕掛』 詳細
◇天イト:0.8号移動
張替仕掛け SR26 フロロ0.2号
あみ込み目印 スリム
遊動背バリ 1号
移動鼻かん TN-2 6.5号
◇ハリ  一角&キメラ  6.5号〜7号  3本錨

 

◆現地オトリ店 牧田(ぼくでん)屋 電話 0575・77・2553
◆和良川漁協 電話 0575・77・2271
 


ダム湖遡上若アユ・好反応!

7月15日(土)に7月1日に解禁した。市川水系・黒川に釣行してみました。

 


上流部の「黒川養魚場」で入川手続きとオトリを入手し、養魚場裏のチャラ瀬から16cmサイズのオトリを送り込むと流心を30cmほど上って、いきなりヒット!

 

しっかりハリ掛かりさせてタモに飛び込んできたのは、17cmサイズの真っ黄色なダム湖遡上の若アユです。思わず「ヤッター!」幸先良いラッキーなスタートとなりました。

 

 

 

 

その後、さらに流心で連続ヒット。「最高!」です。取り込みも順調に6匹をキープしての余裕の釣りとなります。時折、人工産の群れアユ12cmサイズが掛かりながらも目標の20匹に時速8匹で目標達成となります。

 

さらに、上流部の岩盤瀬では、ヤル気満点の16cmが連発し、マイペースで午前中に27匹の釣果を出すことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

先鋭の相棒バリ「秀尖」のナイス・フッキングに大満足の半日となりました。今後、ひと雨後のリセット・スイッチの入ったフィールドが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

【 タックル・データー 】

サ オ   アユザオ 7.0m 
仕掛け   SR-47 複合完全仕掛
ハ リ   秀尖 6.5号(3本イカリ)
ハリハリス ザイト・鮎トップハリス・フロロ・0.8号


投稿者   森   雨  魚
 


香りの良い日田鮎

●釣行日    :20170716
●ポイント(場所):大分県日田市・三隈川
●氏名     :柴田泰士

 


7月16日(日曜日)大分県日田市の三隈川河畔にお店を構える「釣具のまつおさん」の鮎釣り大会に参加して来ました。


ニュース等でご存知の通り、日田市近郊は九州北部豪雨の豪雨被害で大変な災害が出ていて延期も検討されたようですが、

 

「たくさんの釣人に参加して頂いて日田を元気にしてほしい。」という松尾社長さんの意向で、

 

100人以上の鮎釣り師が九州、山口から集まりました。

 

 

午前5時から始まった受付を済ませると、足早に釣り場に向かう釣人がたくさんいる中、

 

私と釣友達はのんびり川に向かいポイントの金羽荘前に入ったのは7時前でした。

 

 

 

 

 


あれだけの大水が出た後で、鮎が釣れるのか心配しましたが、日田の鮎達は元気でいてくれたようで、

 

香りの良い日田鮎を手にすることができました。

 

 

 

 

釣友の女性鮎釣り師武市さんは11匹の鮎を手にし、

 

この日鮎釣り初体験だった小林さんは、自分の鮎釣りはできなかったAさんのアドバイスでなんと7匹の鮎を釣ることができました。

 

 

 

 

 

 

今回は鮎釣り大会のお手伝いもあり午前中だけの釣りでしたが、釣友は全員釣果があって良かったです。

 

 

 

尚、鮎釣り大会の結果は、日田の河川は全体的に水量が多く、垢付きが悪く、

 

三隈川本流では優勝された方以外、30匹を超えていた方はいませんでした。

 

釣果無しという方もかなりいました。

 

 

 

数的には厳しい鮎釣り大会でしたが、大物賞は26センチ超ありましたし、

 

時間帯によっては入れ掛かりしたポイントもあったようです。

 

昨シーズンは7月末から尺鮎の釣果がありましたし、

 

500g超の重量の日本記録級の大鮎が釣れた三隈川水系の鮎。

 

あの大水の中を生き抜いた鮎ですから昨シーズンより更に大物が期待できそうです。

 

 

 

今回の仕掛け
竿:シマノ・リミテッドプロMI・2.75・90-95HK
天井糸:天井道糸FC 0.8号
水中糸:ザイト複合メタル・メルファMH・0.1号
(4mにプロ目印を5個)
上ツケ糸 ザイト・フロロ鮎 0.6号(40cm)
下ツケ糸 ザイト・フロロ鮎 0.5号(20cm)
中ハリス ザイト・鼻かん仕掛糸 FC 1.2号(20cm)
鼻かん: ライトチューブ鼻かん 6.5号
*ザイト・PE編み込み糸 0.4号使用
サカサバリ:一体忍サカサ     1号
ハリハリス:ザイト・鮎トップハリス フロロ 1.2号
掛バリ: 楔X 7.5号  一角 7.5号 3本イカリ


釣行河川:大分県日田市・三隈川
年券及オトリ鮎の販売は釣具のまつお
TEL 0973-22-3968
年券 1万円 日釣券 3,000円です

 


岐阜県 <和良川> 本解禁に挑む・・・。

●釣行日    :2017年6月10日(土) 晴れ
●ポイント(場所):岐阜県郡上市 和良川
●投稿者    :鈴木

 


岐阜県郡上市和良町に流れる、和良川のアユ本解禁に行ってきました。

 

 


和良鮎の美味しさは 『全国清流めぐり利き鮎会』 において...グランプリ受賞も多く

 

全国的にも有名な小河川である。しかし、この1ケ月間位は、まとまった雨が降らず

 

河川状況は垢腐り状態であった。(泣)

 

 

それでも解禁日だから…夜明け前から河原で夜明けを待つ。(笑)

 

 

 

 

この日近くの河川で大きな大会が行われ、それほど大混雑するほどの人出でもなかった。

 

早朝からサオ出しすると、野アユの体当たりで目印がぶっ飛んだ。この野アユを泳がせると

 

元気よく流心に向かう途中に・・・白腹がキラッと見えると...ガガ ガ〜ン!!!

 

おおっ きたぁ〜!!!めっちゃ嬉し〜い!!!

 

 

 

プチ時合いでも連発が少なく…まだまだ場所ムラは激しいようだ。

 

 

 

 

放流アユは群れで泳いでいるので、石垢を流すほどの大雨が降れば、トモ釣りの醍醐味と

 

大釣りも夢ではないだろう!!! いよいよアユ釣りシ-ズン到来で楽しみだ。

 

 

 


当日使用 『アユ仕掛』 詳細
◇天イト:0.8号移動
張替仕掛けSR26 フロロ0.2号
編み込み目印 スリム
遊動背バリ
移動鼻かんTN-2r 6.5号
◇ハリ 一角チラシ 6.5号


□現地オトリ店 牧田(ぼくでん)屋 電話 0575・77・2553
□和良川漁協 電話 0575・77・2271
 


若アユを狙って

6月4日(日)、兵庫県・揖保川にようやくナワバリを持ち始めた、若アユを狙ってフリー釣行してみました。

 


当日は、通称・「ゴンボの瀬」に入川し、40cm減水のため解禁当初賑わった釣りエリアは、干あがってアユのハミ跡を残した石が目立ちます。

 

狙いは、絞られます。石色を見極めながらまずは、泳がせて1匹キープ。16cmサイズの綺麗な若アユが掛かりました。

 

 

 

チャラ瀬となったポイントへ移動し、やる気若アユを触発するように時折シェイクを入れながらロッド操作をすると、一発ヒット!

 

思ったポイントで1分も経たないうちにヒットするのは「最高!」です。

 

 

 

 

幸先良いスタートを切り午前中の約3時間で21匹・午後からの約2時間で13匹、合計釣果34匹の釣果で若アユのファイトを楽しむことが出来ました。

 

 

 


また、今シーズンにリリースされた「秀尖」は、先鋭・瞬時ハリ掛かりし、正しく私を攻撃的な釣りスタイルに誘ってくれました。

 

 


【 タックル・データー 】
サ オ    シマノ・剛流8.5〜9.0(2WEY)ソリッド改良穂先使用
仕掛け    完全仕掛け 複合メタル SR-67 
ハ リ    秀尖 6.5号 3本イカリ
ハリス    ザイト・鮎トップハリス・フロロ 0.8号

 

投稿者    森  雨 魚
 


解禁日釣行

●釣行日    :2017年6月1日
●ポイント(場所):一ツ瀬川・民宿下
●氏名     :柴田泰士

 


6月1日宮崎県内の主要河川も鮎釣りが解禁となりました。


今年は雨が少なくどの河川も渇水状態という事で私はホームリーバーの一つである

 

西米良村の一ツ瀬川に行きました。

 

 

 

さすがは解禁日、好ポイントには前日の午前中には場所取りの釣人がいたそうで、

 

空いている釣場を探してオトリ鮎を買って上流部の通称・民宿下に入った時にはすでに8時前

 

 

 

緑に囲まれ透明度が高く抜群の水質が人気の一ツ瀬川ですから河原に下りて川を覗くと鮎の群れが見えました。

 

 

 

 

早速オトリ鮎にハナカンを通して瀬肩の波立ちの中に送ると、すぐに目印が下流に飛んで16センチの追い星の黄色が綺麗な若鮎がタモに収まりました。

 

 

 

 

この後もコンスタントに若鮎が掛かり、9時30分過ぎには20匹が引舟の中に入った。

 

 

 

 

このペースでいけば50匹は行けると思ったのですが、渇水と1番鮎を釣ってしまうとサイズダウンと同時に

 

鮎の活性も落ちて結局場所替わりしようにも解禁日で変わる場所も無かったので3時前に納竿としました。

 

 

 

 

結局最大18センチを頭に27匹

 

解禁日にしては少なめの釣果もしれませんが綺麗な香りの強い鮎に癒された1日になりました。

 

 

 

 

 

オトリ鮎及釣況問い合わせは

民宿・あさぎり(西米良村村所・?0983-36-1862)

当日は養殖のオトリ鮎でしたが、シーズンインしてからは天然のオトリ鮎を取り扱います。
一ツ瀬川 年券 4,000円 日釣券 1,500円
オトリ鮎(天然) 500円/匹です。
天候によっては天然のオトリ鮎が無い場合もありますので事前にお問い合わせ下さい。


*今回の仕掛け

竿:シマノ・リミテッドプロMI・2.75・90-95HK
天井糸:天井道糸FC 0.6号
水中糸:ザイト・フロロ鮎・0.175号
(5mにプロ目印を5個)
上ツケ糸 ザイト・フロロ鮎 0.4号(40cm)
下ツケ糸 ザイト・フロロ鮎 0.3号(20cm)
中ハリス ザイト・鼻かん仕掛糸 FC 0.8号(20cm)
鼻かん: マーク鼻かん 6.5号
*ザイト・PE編み込み糸 0.4号使用
サカサバリ:白一体サカサ(速攻)1号
ハリハリス:ザイト・鮎トップハリス フロロ 1号
掛バリ:  6.5号 一角 7号 3本イカリ


★岐阜県 <和良川> 特別解禁!!!

●釣行日    :2017年5月27日(土) 晴れ
●ポイント(場所):岐阜県郡上市 和良川
●投稿者    :鈴木

 

 

岐阜県郡上市和良町に流れる、和良川へアユ釣りに行った。 (???)

 

当日は外来者限定の特別解禁で、大勢の鮎釣りアングラ-(400名超え)が

 

和良川を訪れた。和良鮎の美味しさは全国的にも有名な小河川である。

 

 

 

 

 

今年湖産の稚鮎放流がメーンで スタ-トダッシュが期待できる筈だ! (^0^)/

 

放流以降〜雨量が少なかったが、前夜に雨が降り平水の河川状況で特別解禁を迎えた。

 

午前5時前位から 養殖オトリを泳がせても 野アユからの体当たりがな〜い! (汗)

 

 

 

早朝の水温が低く...静かな時間が流れる・・・。

 

5時20分頃に…ガ・ガ ガツ〜ン!! 野アユが暴れてラインが下流に突っ走った!!

 

若鮎が舞い躍り 和良川の鮎釣り開幕した。しかも 良型20cm...ネットに飛び込んだ。

 

さらに 連発!連発! で サオが曲がり...アユ釣り堪能した。

 

 

 

 

初釣り好スタ-ト=43匹(オトリ含む)+アマゴ3匹 釣果に大満足した。

 

これで...和良川本解禁(6/10)楽しみだ。

 

 

 

 

 

当日 『アユ仕掛』 詳細
★完全仕掛: SR-45 (ナイロン 0.2号)
★目印 : あみ込み目印 (スリム)
★移動鼻かん : 超軽量チタンチュ-ブ 6号
★背ばり : Y-背ばり (速攻ヒネリ)
★ハ リ :  一角6.5号

 

●現地オトリ店 牧田(ぼくでん) 屋 電話 0575・77・2553
●和良川漁協 電話 0575・77・227
 

 


| 1/13 | >>

画像投稿はコチラ!

Search

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent trackback

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM